前へ
次へ

商売に関する法律「商法」と「会社法」、違いは

事業を営むにあたって、関わってくる法律といえば「商法」や「会社法」が挙げられますが、どんな違いがあるのでしょうか。まず、この2つはいずれも広義な意味での「商売」に関わることを定めたものであることは共通です。いずれも民法よりも優先して適用され、それは、事業や商売での取引は継続的に繰り返し行なわれる事がほとんどであり、一個人間の取引とは性質が違う点に理由があります。この2つの法律の最大の違いというのは、当事者に「会社」が含まれているか否かということです。名称からしても、会社法というのは会社の設立・登記に始まり、株主総会そして解散に至るまでの詳しい内容が定められているもので、条文も長いのが特徴です。もう一方の商法は、成立が古いということもあり、条文が短くて内容も現代にはあまり適用に要しない条文も含まれています。そこで商法の一部分から独立させ、現代の実態に合うようにし分かりやすくしたものが会社法ということになります。現在、実務上用いる事が多いのは会社法であり、起業予定のある人や株主になっている人が知りたい項目も定められていますので、法律の専門家でなくても関わってくるものと言えるでしょう。

Page Top